双子や育児のおすすめ本

   双子育児の妊娠・出産について
   詳しく書かれています。
   小さく生まれた場合のページも
   あります。


    双子の妊娠、出産のことも
    書かれていますが、主に、
    双子を育て始めてからのことが
    細かく分類された項目ごとに
    詳しく書かれています。


  実際に、多胎児の母をされて
  いる方の体験談が織り込まれ、
  参考になる一冊だと思います。




  小児科医松田道雄氏による、育児
  参考書。0歳から6歳までの子供
  について、精神的・身体的にバラン
  スよく育つべくアドバイスが記され
  ている。時代が変わり、子供をとり
  まく環境が変わっても、「子供」自身
  は昔も今も変わらず「白紙」状態で
  生まれてくるものなのだということに
  あらためて気づかせてくれる一冊。

   旧版をもっていましたが、雑誌
   感覚で、色々な視点から 育児の
   ことが書かれていて、面白い。






   

   実際の効果はわかりませんが、
   興味本位で、この本の内容を
   真似てみました。
   我が家がトイレトレを始めたのが
   3歳になってからだったのもあって
   か、うまくいきました。






 自分の子供が2歳の頃、図書館で
 借りて読んだ一冊。
 自我が芽生え始め、「魔の2歳児」と
 言われる2歳の子供の目からみた
 世界が書かれている。育児で疲れた
 時の気分転換におすすめの一冊。
 面白いですよ。
 

 「私は二歳」と同じ、松田道雄氏
  による著書。こちらはまだ読んで
  いませんが、いつか読んでみたい
  一冊です。




 身の回りのものを使って出来る
  色々な遊びが紹介されています。
  お外に行けない雨の日なんかにも
  役に立ちそうです。




 
 私自身、シュタイナーの考え方の
 全てに賛同するわけではありませんが
 誕生から3歳くらいまでのシュタイナー
 教育の考え方には参考にしたいことが
 たくさんありました。
 二人の子供を同時に育てている中で、
 混乱しそうな時、気持ちを整理してくれ
 るような一冊でした。

 
 センス・オブ・ワンダー・・・
 神秘さや不思議さに目をみはる
 感性。
 子どもにとっても、どのようにして
 子どもを教育すべきか頭を悩ませ
 ている親にとっても、「知る」ことは
 「感じる」ことの半分も重要では
 ない。など、子どもを育てる大人に
 は一読の価値あるメッセージが
 いっぱい詰まった一冊です。
  





 ”子どもと居る日々は、大したことは
 何事も起らぬまま、すべるように
 流れていき、過ぎた後に振り返って
 初めて、厳かな幸福にしみじみと
 打たれるというようなものだ”
 (本文中より一節)
 つい目先のことで一喜一憂しがち
 な毎日。急ぎすぎたり迷ったり・・・
 「お母さん達、そんなに急がないで」
 と子どものかわりに教えてくれている
 ような一冊です。
 


 



赤すぐネットショッピング
無印良品ネットストア
トイザらス・ドット・コム ジャパン
ベルメゾンネットのマタニティ&ベビー用品
ベルメゾンネットの子供服&子供用品
品揃え豊富!ベビー用品は徳山ベビーで♪
Amazon 赤ちゃんストア
ピジョン オンラインショッピング
           



        


     双子のことmenuへ